•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    ダッチワイフとして調教される「ユウナ」。長い脚がチンポの刺激で震え、ナットが硬くなると、真っ赤なマンコが開き、真っ赤な膣がとてもエロく見えました。私の鳥肌と濡れた目は、私が陰部を犯し終えたことを示していました。私は入れられるのを待ちきれずに悶え、ついにはエクスタシーに身をよじらせ、思わず声を上げてしまいました。勃起した生チンポで子宮を突き刺されながら何度も顔面を叩きつけ正気を保とうとする…。