•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    テイリー・ウッドさんは、丸くてジューシーなお尻に合う新しいパンツを探していますが、お尻がとても厚いため、形の良い曲線をぴったりとフィットさせる完璧なジーンズを見つけるのは困難です。それで、テイリーが手に入るものはすべて一度に試してみようと決心したとき、彼女のくそったれの夫は忍耐を失い、彼女に急ぐように言いました。しかし、店員のジョルディ・ENPは、彼女の大きなお尻を一目見た後、テイリーが更衣室にいる間にこっそりグローリーホールを通して彼女をチェックするなど、テイリーが必要とするものであれば何でも喜んで手助けしてくれた。テイリーは注目されるのが大好きで、ジョルディの硬いチンポを手に取ってみると、それがどんな衣服よりも自分と自分のお尻にぴったりであることに気づきました。